So-net無料ブログ作成
評価・感想 ブログトップ
前の10件 | -

東野圭吾原作・ドラマ「分身」1話 感想・あらすじ【ネタバレ】 [評価・感想]

2012年に、WOWOWでドラマ化された東野圭吾の推理小説「分身」を観た、私の感想を書きたいと思います。
また、最近ドラマ化された「変身」と比較したいと思います。



まず、第1話「閉ざされた記憶」の簡単なあらすじですが…

物語は鞠子が中学生の頃の話しから始まります。
鞠子は、両親と顔が似ていないことを気にかけ、自分は両親の養女でないのかと疑い始めますが、戸籍上は両親の長女となっていました。そして、自宅でおこった火事により母親が亡くなってしまいますが、鞠子は、火事直前の母親の行動に違和感を持ち続けます。
数年後、鞠子は大学生となった時、亡くなった祖母の部屋から、母親の遺品と思われる箱が見つかります。そこには、母親が亡くなる前に東京行ったと思われる、電車の時刻表と地図が入っていました。鞠子は、自分の出生の秘密を探るために東京に行くことを決意します。
そんな時、鞠子とそっくりな顔をした女性が、テレビニュースに映り、鞠子の身近な数人がその映像を目にしていました。


さて、私の感想ですが…

WOWOWのドラマということで、地上波の民放のドラマとくらべて、ドラマの質が高いような気がします。無理に、笑いや・恋愛を絡めて、バラエティー色を強めることをしていないのがいい感じですよね。純粋に東野圭吾作品を楽しめます。

また、「変身」に比べ、「分身」の方が、ストーリーの展開が早くて、次回が気になる作品のような気がします。

あと、「変身」に比べ、「分身」の方が、美女・美少女が多く登場するので、男性の方は嬉しいですよね。。。




nice!(0)  トラックバック(0) 

東野圭吾原作・ドラマ「分身」あらすじ・キャスト [評価・感想]

一昨年まえの2012年に、WOWOWでドラマ化された東野圭吾の推理小説「分身」ですが、このドラマを振り返って、今後、感想などを書いていきたいと思います。




まず、「分身」の簡単なあらすじですが…

子供の頃、両親と顔が似ておらず、両親の本当の子ではないのではないのかと疑っていた主人公の鞠子。思い出せば、母親から愛されたことがないことにも気付く。その母親が、火事によって不審死してしまう。数年後、大学生になった鞠子は、母親の遺品を見つけ、自分の出生の秘密を探るために、生まれ育った札幌を離れることを決意する。そんな時、鞠子は、自分とまったく同じ顔をした「双葉」という女性の存在を知る。そして、鞠子は、その謎も解き明かそうと動き出す。


そして、主なキャストは…

氏家鞠子(長澤まさみ)…北海道の大学生
氏家清(佐野史郎)…鞠子の父親
氏家静恵(鈴木砂羽)…鞠子の母親
下条めぐみ(臼田あさ美)…鞠子の友人
井川孝之(ダンカン)…鞠子の下宿先のラーメン店主
小林双葉(長澤まさみ)…東京の大学生
手塚理美(小林志保)…双葉の母親
滝沢裕介(勝地涼)…双葉の友人
伊原駿策(伊武雅刀)…政治家


ところで、このドラマの原作となった「分身」ですが、小説として刊行されたのは、なんと20年ほど前の1993年だったんですよね。

今になっても、20年も前の作品が、ドラマ化されて楽しめるって、東野圭吾ファンにとって嬉しいですよね。

まあ、テレビ局側も、東野圭吾氏の作品なら、ドラマ化すればヒットするだろうと思って、昔の作品でもドラマ化するんでしょうけどね。




nice!(0)  トラックバック(0) 

東野圭吾「ちゃれんじ?」感想 [評価・感想]

東野圭吾氏のエッセイ集「ちゃれんじ?」を読んでみました。

この本では、東野氏がスノーボードなどにチャレンジする姿を、自虐的に面白おかしく描かれています。





いつも東野圭吾氏の小説を、結構、真剣に読んでいる私ですが、この「ちゃれんじ?」は、クスクス笑いながら、かなりリラックスして読むことができ、予想以上に面白かったです。

後で調べてみましたが、ネットでの評価もかなりいいようですね。
一部で「まとまりのない作品」としてこの本を評価している方もいますが、私は、東野氏が書きたいことを書いた、エッセイ集として、割りきって考えればいいんじゃないかと思います。

しかも、この「ちゃれんじ?」は、単なるエッセイ集にはとどまらない、東野圭吾ファンを喜ばせる、いくつもの仕掛けがしてあるような気がします。

例えば…

・作家の裏話が書かれている。
・東野氏が写っている写真が多数掲載されている。
・小説では書けない、下ネタが書かれている。
・作家・ヒガシノ氏が登場する短編小説が含まれている。 など

ただ、もっとも嬉しかったのは、東野圭吾という人物を、小説とは違う角度でみれたことですけどね。

それにしても、東野氏の行動力はすごいですね。
私も、もう数年すると40歳となりますが、年々保守的になってきて、氏のような行動力はありません。
まあこれが、たくさんの名作を生む、原動力となっているのでしょうね。





nice!(0)  トラックバック(0) 

東野圭吾原作・ドラマ「変身」3話・4話の感想・あらすじ [評価・感想]

WOWOWで放送している、東野圭吾原作・ドラマ「変身」の3話・4話を観た私の感想を書きたいと思います。


その前に、3話・4話のあらすじを復習をしますと…

【第3話 ドナー】

事件前の自分の性格と異なることについて悩む成瀬純一(神木隆之介)は、彼女の葉村恵(二階堂ふみ)より脳移植の可能性を指摘される。現在の脳は誰のものだったのか?成瀬は脳移植のドナーを探しはじめる。そこで、強盗犯・京極瞬介の双子の妹の京極亮子(本田翼)に接触したとき、初対面ではないような不思議な感じを受ける。一方、葉村恵は、医師・橘直子(臼田あさ美)から「成瀬純一は、もう昔の成瀬純一ではない。あなたの存在が成瀬純一を苦しめている」というような理由で、成瀬と別れるよう勧められ、実家に帰ってしまう。

【第4話 共鳴効果】

自分の性格が凶暴化していくことについて悩む成瀬純一(神木隆之介)は、再度、京極亮子(本田翼)に会い、京極瞬介の生前の性格等について詳しく聞く。結果、京極瞬介からの脳移植が原因ではなく、成瀬純一自身の幼少の記憶が呼び覚まされたことにより、性格が凶暴化したということに気付き始める。そして、成瀬純一は、好意よせていた橘直子(臼田あさ美)が、脳移植の研究のために自分に近づいてきたことを知り、彼女に対して暴力を振るい・・・


さて、私の感想ですが…

全体的に、「暗い」感じがするドラマですね。
ストーリーも暗いですが、画面も暗いです。
喜びや笑いがほとんどなく、悲壮感を漂わせながら、淡々と進む感じです。
ただ、ストーリーが進むにつれて、バイオレンス的な場面が多くなってくると、話しに動きが出て来て、徐々にドラマに引き込まれていくようになりました。
ハッピーエンドは期待できませんが、次回も見逃せませんね。

ところで、脇役の俳優さんも、このドラマでは彼らの持ち味を出して、いい仕事をしてますよね。
暗い役が似合う松重豊氏が、無口な親父を演じたり、
明るい役が似合う中尾明慶さんやマキタスポーツ氏が、主人公達を元気づけようと頑張ったりと、
ただそれでも、明るい方に進まないのが、このドラマなんですよね。。。





nice!(0)  トラックバック(0) 

東野圭吾原作・映画「プラチナデータ」私の評価・感想 [評価・感想]

東野圭吾氏のSF小説で、2013年に映画化された「プラチナデータ」について私の評価・感想を書きたいと思います。

既に、地上波でテレビ放送もされている本作品、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。






まず、この映画の簡単なあらすじですが…

国民のDNAデータを元にして、犯罪捜査が可能となった近未来。 警察庁の科学捜査機関に所属する神楽龍平は、あと連続殺人事件を追っていた。彼はDNA捜査システムを利用し、犯人を突き止めようとするが、システムが示した犯人は、なんと彼自身だった・・・


次に私の評価・感想です。

ストーリーですが、
正直、ちょっと先が予想できてしまうようなストーリーだったのが残念です。
逆に言うと、王道パターンの、ツボを抑えた作品にしたことにより、安心して映画を観る事ができましたがね。

次に、キャスティングです。
ぶっちゃけ、映画「プラチナデータ」で思いつくのは、「東野圭吾」より「二宮和也」というくらい、嵐の二宮和也君が際立つ作品だったと思います。
始めは、二宮和也君が天才科学者・神楽龍平役をするには、ちょっと幼すぎる印象を受けましたが、ストーリーが進むつれ、彼の演技力によって、映画に引き込まれていきました。

そして、演出ですが、
映画ということで、細部にこだわって作られいるなと感じました。ドラマだと、こうはいきませんからね。演出がダメだと、映画を観ていてツッコミを入れたくなりますからね。

では、私の5段階評価は、

ストーリー・・・「4」
キャスティング・・・「4」
演出・・・「4」

ストーリーと演出が平均点以上の作品だったので、安心して、主演の二宮和也君に注目して映画を観ることができました。
ただ、アイドルの彼を知っていることもあり、やはり天才科学者として、ちょっと幼すぎる印象を受けてしまいますよね。「大学生の天才プログラマー」みたいな役だったら、うまく合いそうですけどね。





nice!(0)  トラックバック(0) 

ドラマ・東野圭吾原作「白銀ジャック」 私の評価・感想 [評価・感想]

先日、テレビ朝日でドラマ化された東野圭吾原作「白銀ジャック」を観ました。今日は、その評価・感想を書きたいと思います。

先に言っておきますが、かなり厳しいものになりそうです。

まず、ストーリーと演出です。
ゲレンデに爆弾をしかけることにより、スキー場をジャック(占拠)し、スキー客を人質にとって大金を要求するという発想は面白く感じました。しかし、犯人の要求→お金の受け渡しの繰り返しで、ダラダラ長い印象を受けてしまいました。もう少し、危機迫る感じを演出できていれば、この展開でも夢中になって観れたかもしれません。

次にキャスティングですが、正直、今回のドラマは、渡辺謙氏のための作品と言ってもいいんじゃないでしょうか。米国版「ゴジラ」にも出演している渡辺謙氏ですが、残念ながら、日本の2時間ドラマ程度の規模では、彼の魅力を出しきれなかった感じを受けました。

では、私の5段階評価は、

ストーリー・・・「3」
キャスティング・・・「4」
演出・・・「1」

最後に、私のまとめ感想です。
この「白銀ジャック」は、アクションを取り入れたミステリーのような感じでしたが、その割には、アクション映画のような、ハラハラドキドキはあまり感じませんでした。これは、演出のせいだと思いますが、2時間ドラマの規模(資金・人材など)では、これが限界ですかね。
ちょっと残念です。





nice!(0)  トラックバック(0) 

東野圭吾原作・ドラマ「変身」1話・2話の感想・あらすじ [評価・感想]

すでに、WOWOWで放送が始まっている、東野圭吾原作・ドラマ「変身」ですが、2話まで観た私の感想を書きたいと思います。

その前に、簡単なあらすじを復習をしますと…

画家を目指しながら社会人として地道に働いている成瀬純一(神木隆之介)。クリスマスイブの夜、彼女の葉村恵(二階堂ふみ)に結婚指輪を買うために立ち寄ったお店で強盗に頭を撃たれてしまう。手術により、純一は奇跡的に命をとりとめるが、事件前の自分の感性などと異なっていることに少しずつ気付き始める。

ドラマの2話が終わった時点では、ちょうど、このあらすじに記載している部分を過ぎたところでしょうか。

ちなみに、私は、小説の「変身」を読んだことがないので、この先どうなっていくのか?全く分かりません。

キャストを見ると、本田翼さんが強盗犯・京極瞬介の双子の妹の京極亮子役で出演しているようなので、これからどんな展開になっていくのか楽しみです。


さて、東野圭吾原作・ドラマ「変身」の2話まで観た私の感想ですが…

さすが、WOWOWのドラマという感じで、演出は東野圭吾氏の世界観を良く出せていると思いました。

ただ、主人公の成瀬純一(神木隆之介)や、その彼女の葉村恵(二階堂ふみ)の2人が、地味なうえ、ストーリーやセリフも暗いので、華がないドラマのように感じました。

小説の世界観に忠実だとしても、あまりにも暗いと、次回を観ようという気がなくなってきます。

しかし、刑事・倉田謙三役の村上淳氏は、いいキャラしてますよね。

よくドラマなどで登場する、不真面目でぐうたらしているが、実力はある刑事役です。

この刑事のおかげで、次回もドラマを観てみようかなという気になれました。

ドラマを観る前は、私が好きなマキタスポーツ氏がそういう、ドラマにスパイスを与える役をやってくれるんではないかと期待していたのですが、今回は、単なる画材店店主というだけになりそうなので、残念です。。。





nice!(0)  トラックバック(0) 

わけあり物件!東野圭吾「あの頃の誰か」感想【ネタバレ】 [評価・感想]

東野圭吾氏の短編集「あの頃の誰か」について書いてみようと思います。

この本のあとがきによると、収録作品は、過去になんらかの形で発表されなかった、わけありのものらしく、「わけあり物件」として紹介されています。






ちなみに、各収録作品が発表されなかった「わけ」とは…

・シャレードがいっぱい
掲載誌を出版していた会社がつぶれたため、発表されることはなかったそうです。
ちなみに、この作品は、バブル景気の頃に書かれたため、そういう意味で時代遅れになってしまいましたが、バブル当時の時代背景を楽しみながら読むといいかもしれません。

・レイコと玲子
「シャレードがいっぱい」と同じつぶれた会社の小説誌に掲載予定だったようです。

・再生魔術の女
簡単に言うと、締め切りに間に合わなかったような感じの作品だったようです。

・さよなら「お父さん」
作品に不満だったため、発表されなかったとしています。
ちなみに、この作品は長編小説「秘密」の原型になっているそうです。

・名探偵退場
この作品は、東野圭吾氏が若手作家グループに入っていたときに、そこの作品集に収録されていたようです。また、この作品は、天下一シリーズの「名探偵の掟」のルーツとなった作品のようです。

・女も虎も
出版社の企画で、書かされた作品で、収録のチャンスがなかったと説明されています。

・眠りたい死にたくない
収録のチャンスがなかったと説明されています。

・二十年目の約束
東野圭吾氏自身が気に入らなくて、書きあげた後も読み返すこともなかった作品だということですが、編集者の強い勧めで読み返してみると、そう悪くはないということで、今回収録されたようです。


さて、この本を読んでみた私の感想ですが…

ネットで調べてみると、結構、この小説を酷評しているレヴューが目立ちますが、私は、そう悪くはない短編集だと思いました。
むしろ、東野氏のヒット作「秘密」や「名探偵の掟」のルーツとなる作品が収められていますので、東野圭吾ファンなら一読しておくべき小説だと思います。
また、短編集って、アタリの作品ばかりより、ハズレの作品もある方が、読んでいて面白いと思いですからね。





nice!(0)  トラックバック(0) 

東野圭吾「予知夢」感想・あらすじ 【ネタバレ】 [評価・感想]

天才物理学者・湯川学が活躍する探偵ガリレオシリーズの「予知夢」について感想を書かせて頂きたいと思います。

なお、この書籍には「夢想る(ゆめみる)」「霊視る(みえる)」「騒霊ぐ(さわぐ)」「絞殺る(しめる)」「予知る(しる)」の5作品が収められております。





東野圭吾氏の作品は、長編ものもいいですが、個人的に、読み切りものの短編集の方が、ストーリーの展開が早く、サクサク読み進められるので好きです。空き時間に少しずつ読んでも、すぐに一作品を読み終えることができるのもいいですね。

さて、「予知夢」ですが、この書籍にはタイトルとブックカバーからイメージするような、幻想的で、ちょっとオカルトな内容のミステリー小説が収録されております。

あらすじですが…

だいたい各作品とも同じような感じで、

事件に絡んで、予知夢・ポルターガイスト・火の玉・幽霊などというオカルトな超常現象が発生します。そして、警察では手に負えなくなり、探偵ガリレオこと湯川に依頼して、彼が科学的に事件を解決するというような流れです。

私の感想としては…

短編作品ですが、トリックなどしっかり描かれていて、1つ1つ読み応えある作品だと感じました。また、短編集だと、長編小説とは違い、1冊に数話収録されているので、読後の感想なども、その分多く感じられるのがいいですよね。

ところで、本書のいくつかの作品はドラマ化されていますが、このような1話完結の短編小説って、ドラマ化するのにちょうどいいのではないでしょうか。ある意味、このような作品が、ドラマ「ガリレオ」の人気を支えていたのかもしれません。






nice!(0)  トラックバック(0) 

ドラマ化!東野圭吾「白銀ジャック」あらすじ・感想 【ネタバレあり】 [評価・感想]

本日は、東野圭吾氏の「白銀ジャック」について、あらすじと感想を書きたいと思います。ちなみにこの小説、ドラマ化されて、近々テレビ放送されるようですね。

舞台は冬のスキー場ですので、正直、真夏のこの時期に読むのは、時期外れかもしれませんが、あえてこの時期に読むことで、気分的に涼しくなれるかもしれません。






さて、簡単なあらすじですが…

スキー場を運営している会社に「現金3000万円を用意しろ…ゲレンデの下にはタイマー付きの爆破物が仕掛けられている…3日経っても返事がない場合は取引中止と判断し、我々はタイマーを作動させる。」と書かれた脅迫メールが届く。ゲレンデにいるお客達を人質にとられてしまった会社だが、警察には協力を求めずに、身代金を引き渡して穏便に事件を解決しようとする。しかし、身代金の授受が完了した後も、同じように更に身代金を要求されてしまう。しかし、3度目の身代金の受け渡しの時に、パトロール隊員達の懸命の追跡により、犯人の確保に成功する。だが、この事件の裏には、会社の上層部の人間と地元の役人達が手を組んで、このスキー場のゲレンデの一部を爆破させようとしている事実が明らかになる。


では、ここから「白銀ジャック」を読んだ私の感想です。

感動的な社会派の小説も多い東野圭吾氏ですが、この「白銀ジャック」は、娯楽に重きを置いている、読んで楽しい部類の小説ではないでしょうか。

特に、スキーやスノーボードで犯人を追跡する場面などは、ハラハラドキドキで、まるでアクション映画のような展開となっています。

ドラマ化もされたということで、スピード感あふれる雪山の滑走シーンは期待したいですね。

その他、あまりにも犯人の思い通りにストーリーが進むなど、ツッコミどころもいくつかありますが、こういう箇所に目を瞑れば、サクサク読めて、娯楽作品としては、申し分ないのではないでしょか。


ただ、肝心のラストシーンは、

伏線もないのに(私が見落としていただけか?)、

突然、倉田と絵留がラブラブになっている場面が描かれており、意味が分からず拍子抜けしてしまいました。

まあ、ハッピーエンドで良かったのですが…

どちらかというと、この小説で頑張っていたのは、倉田さんじゃなく根津君でしたから、

個人的に、根津君に華を持たせてあげたかったですね。。。






nice!(0)  トラックバック(0) 
前の10件 | - 評価・感想 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。