So-net無料ブログ作成

東野圭吾原作・ドラマ「分身」1話 感想・あらすじ【ネタバレ】 [評価・感想]

2012年に、WOWOWでドラマ化された東野圭吾の推理小説「分身」を観た、私の感想を書きたいと思います。
また、最近ドラマ化された「変身」と比較したいと思います。



まず、第1話「閉ざされた記憶」の簡単なあらすじですが…

物語は鞠子が中学生の頃の話しから始まります。
鞠子は、両親と顔が似ていないことを気にかけ、自分は両親の養女でないのかと疑い始めますが、戸籍上は両親の長女となっていました。そして、自宅でおこった火事により母親が亡くなってしまいますが、鞠子は、火事直前の母親の行動に違和感を持ち続けます。
数年後、鞠子は大学生となった時、亡くなった祖母の部屋から、母親の遺品と思われる箱が見つかります。そこには、母親が亡くなる前に東京行ったと思われる、電車の時刻表と地図が入っていました。鞠子は、自分の出生の秘密を探るために東京に行くことを決意します。
そんな時、鞠子とそっくりな顔をした女性が、テレビニュースに映り、鞠子の身近な数人がその映像を目にしていました。


さて、私の感想ですが…

WOWOWのドラマということで、地上波の民放のドラマとくらべて、ドラマの質が高いような気がします。無理に、笑いや・恋愛を絡めて、バラエティー色を強めることをしていないのがいい感じですよね。純粋に東野圭吾作品を楽しめます。

また、「変身」に比べ、「分身」の方が、ストーリーの展開が早くて、次回が気になる作品のような気がします。

あと、「変身」に比べ、「分身」の方が、美女・美少女が多く登場するので、男性の方は嬉しいですよね。。。






スポンサーリンク






nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。