So-net無料ブログ作成
検索選択

東野圭吾原作・ドラマ「変身」3話・4話の感想・あらすじ [評価・感想]

WOWOWで放送している、東野圭吾原作・ドラマ「変身」の3話・4話を観た私の感想を書きたいと思います。


その前に、3話・4話のあらすじを復習をしますと…

【第3話 ドナー】

事件前の自分の性格と異なることについて悩む成瀬純一(神木隆之介)は、彼女の葉村恵(二階堂ふみ)より脳移植の可能性を指摘される。現在の脳は誰のものだったのか?成瀬は脳移植のドナーを探しはじめる。そこで、強盗犯・京極瞬介の双子の妹の京極亮子(本田翼)に接触したとき、初対面ではないような不思議な感じを受ける。一方、葉村恵は、医師・橘直子(臼田あさ美)から「成瀬純一は、もう昔の成瀬純一ではない。あなたの存在が成瀬純一を苦しめている」というような理由で、成瀬と別れるよう勧められ、実家に帰ってしまう。

【第4話 共鳴効果】

自分の性格が凶暴化していくことについて悩む成瀬純一(神木隆之介)は、再度、京極亮子(本田翼)に会い、京極瞬介の生前の性格等について詳しく聞く。結果、京極瞬介からの脳移植が原因ではなく、成瀬純一自身の幼少の記憶が呼び覚まされたことにより、性格が凶暴化したということに気付き始める。そして、成瀬純一は、好意よせていた橘直子(臼田あさ美)が、脳移植の研究のために自分に近づいてきたことを知り、彼女に対して暴力を振るい・・・


さて、私の感想ですが…

全体的に、「暗い」感じがするドラマですね。
ストーリーも暗いですが、画面も暗いです。
喜びや笑いがほとんどなく、悲壮感を漂わせながら、淡々と進む感じです。
ただ、ストーリーが進むにつれて、バイオレンス的な場面が多くなってくると、話しに動きが出て来て、徐々にドラマに引き込まれていくようになりました。
ハッピーエンドは期待できませんが、次回も見逃せませんね。

ところで、脇役の俳優さんも、このドラマでは彼らの持ち味を出して、いい仕事をしてますよね。
暗い役が似合う松重豊氏が、無口な親父を演じたり、
明るい役が似合う中尾明慶さんやマキタスポーツ氏が、主人公達を元気づけようと頑張ったりと、
ただそれでも、明るい方に進まないのが、このドラマなんですよね。。。







スポンサーリンク






nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。