So-net無料ブログ作成

東野圭吾「手紙」小説と映画の比較 [バンド・漫才] [雑感]

今日は、映画化された東野圭吾氏の小説「手紙」について、ちょっと思ったことを書いてみようと思います。

2006年に、山田孝之主演で公開され、話題になった映画「手紙」ですが、事前に小説を読んでいる方なら、この映画を観て、「おや?」と思ったところがいくつかあったと思います。

その中でも、特に「おや?」と思ったのは、主人公の武島直貴(山田孝之)が、小説では、バンドでボーカルを担当し、音楽活動をしていたのに、映画の方では、お笑い芸人として、漫才などをしていたことではないでしょうか?

と言うことで、「なぜ映画では、音楽ではなく、お笑いになったのか?」が気になったので、ちょっと調べてみましたが、これという答えを見つけることができませんでした。

一説によると、ラストの刑務所への慰問場面を想定して、音楽よりお笑いにしたという意見もありますが、本当かどうか分かりません。

ちなみに、私の想像では、理由の1つとして、原作通りに音楽活動となると、制作に人・物・金の負担が大きくなってくるので、お笑いに変更したということ。

もう1つに、俳優さんが圧倒的な歌唱力を持っていなかったためだと想像します。

小説で書くのは簡単ですが、実際に歌って、一瞬で人の心をつかむような歌なんて歌えませんものね。

ただ、直貴がやっていたお笑いも、まったく面白くなかったので、これもどうか思いますがね。

せみて、もっと面白い作家にネタを書いてもらえば良かったのに。。。








スポンサーリンク






nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。