So-net無料ブログ作成

東野圭吾「予知夢」感想・あらすじ 【ネタバレ】 [評価・感想]

天才物理学者・湯川学が活躍する探偵ガリレオシリーズの「予知夢」について感想を書かせて頂きたいと思います。

なお、この書籍には「夢想る(ゆめみる)」「霊視る(みえる)」「騒霊ぐ(さわぐ)」「絞殺る(しめる)」「予知る(しる)」の5作品が収められております。





東野圭吾氏の作品は、長編ものもいいですが、個人的に、読み切りものの短編集の方が、ストーリーの展開が早く、サクサク読み進められるので好きです。空き時間に少しずつ読んでも、すぐに一作品を読み終えることができるのもいいですね。

さて、「予知夢」ですが、この書籍にはタイトルとブックカバーからイメージするような、幻想的で、ちょっとオカルトな内容のミステリー小説が収録されております。

あらすじですが…

だいたい各作品とも同じような感じで、

事件に絡んで、予知夢・ポルターガイスト・火の玉・幽霊などというオカルトな超常現象が発生します。そして、警察では手に負えなくなり、探偵ガリレオこと湯川に依頼して、彼が科学的に事件を解決するというような流れです。

私の感想としては…

短編作品ですが、トリックなどしっかり描かれていて、1つ1つ読み応えある作品だと感じました。また、短編集だと、長編小説とは違い、1冊に数話収録されているので、読後の感想なども、その分多く感じられるのがいいですよね。

ところで、本書のいくつかの作品はドラマ化されていますが、このような1話完結の短編小説って、ドラマ化するのにちょうどいいのではないでしょうか。ある意味、このような作品が、ドラマ「ガリレオ」の人気を支えていたのかもしれません。








スポンサーリンク






nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。