So-net無料ブログ作成

私の東野圭吾氏の小説を選ぶポイント [雑感]

みなさまは、東野圭吾氏の小説を読もうとする時、どのような基準で選んでいるのでしょうか。

最新の作品を選ぶ?
書店の「おすすめ」の作品を選ぶ?
ネットでの評価やレヴューを見て選んでみる?

様々な基準があると思いますが、

本日は、私の東野圭吾氏の小説を選ぶポイントを書いてみよと思います。

ちなみに、私は、東野圭吾氏の小説を読みつくそうと思っているので、

「これと決めた1冊を選ぶ」というような基準で、作品を選んだりはしません。

私の場合、どちらかというと、「読む順番を決める」と言った方が正しいかもしれません。

さて、その「読む順番を決める」方法ですが…

私は主に、①タイトル②内容③分量④値段⑤発行日の5点を見て決めることにしています。

まず、①タイトルですが、これは「このタイトル知っている」とか「面白そう」と思えるタイトルのものを選びます。

②内容ですが、これは背表紙の小説の紹介文や、小説の中身をちょっと読んでみて、面白そうなものを選びます。

③分量④値段ですが、私、結構ケチなので、小説の分量が多くて、値段の安いものを選びます。

また、話題になっている新作が、中古で売られているのを発見した時などは、即買いします。

最後に⑤発行日ですが、これは、できるだけ新しい作品を買うようにしています。

東野氏の作品は、初期のものより、新しいものの方が、作品がまとまっていて、読みやすい気がするからです。

ちなみに、小説を選ぶ時、⑤の発行日は①~④よりも重視するようにしています。

以上が、私の東野圭吾氏の小説を選ぶポイントですが、これら5点を総合的に判断して、

3~5冊、まとめ買いしています。。。

それにしても、読む小説を選択できる楽しさがあるのも、東野圭吾氏の作品の良さですよね。





スポンサーリンク






nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。